錦鯉が県の鑑賞魚に!

細貝恵美

細貝恵美

5月5日付けで「錦鯉」が「新潟県の鑑賞魚」に指定されました。

それを記念して、小千谷市にあります。錦鯉の里では、「県の鑑賞魚」指定記念式典が

5月11日に行われました。

新潟県知事の米山知事をはじめ。

錦鯉発祥の地である。小千谷市の大塚市長。長岡市の磯田市長など、

多くの錦鯉関係の方が参加されました。

錦鯉の里の入口には、県の鑑賞魚指定を記念しての記念碑が置かれ、

その記念碑序幕式や講演会、祝賀会などが開催されました。

錦鯉が県の鑑賞魚に指定されるまで、活動スタートから5年。

署名活動では、県内外11万4千人以上の署名が集まり。

署名の紙の束が8冊くらいになったそうです。

ここまでの数字の署名を集められたのも、関係者の皆さんの熱意が伝わってここまでこられたんですよね。私も署名させていただきましたが、1表でも関れた事は嬉しいですね。

県の鑑賞魚ですからね。すごい事ですよ。

次は、2020年の東京オリンピックを目標に、錦鯉を「国魚」「こくぎょ」にする事を

目指して活動されるということです。

小千谷市城内にある錦鯉の里は、約200匹の錦鯉を1年中みる事が出来ます。

小千谷にお越しの際はぜひ、立ち寄ってみてくださいね!!