こいこい おぢや プログラム おぢやに、おぢゃまします!! (3ページ目)

153件(7〜9件)

【う〜・・・寒い日にはあったかいラーメンが食べ・・・たい!!鶏を使ったこだわりラーメン!!麺や ようかに〈おぢゃま〉しました!!】

結ちゃんが食べた「鶏しお」ラーメン!!澄んだスープには鶏と魚の旨みが・・・うんまそ〜!!

結ちゃんが食べた「鶏しお」ラーメン!!澄んだスープには鶏と魚の旨みが・・・うんまそ〜!!

僕は「濃厚鶏しお」ラーメン!!濃厚の中にもスッキリとした味わいが!!うんめ〜!!

僕は「濃厚鶏しお」ラーメン!!濃厚の中にもスッキリとした味わいが!!うんめ〜!!

左 店長の覚張陽介さん、右 スタッフの広井ゆうやさんとおぢやの・・・お〜ぅ!!実は小千谷中学校卒業の同級生トリオなんです!!

左 店長の覚張陽介さん、右 スタッフの広井ゆうやさんとおぢやの・・・お〜ぅ!!実は小千谷中学校卒業の同級生トリオなんです!!

寒いですね!!レポーターの隊長木島です。


2月に入って、また雪の勢いも強くなってきた、小千谷市!!
立春も過ぎましたけど、まだまだ寒いですよね〜!!

そ・こ・で!今日のおぢゃましますのコーナーでは、
まだまだ寒い冬にオススメし…たい!!!

小千谷市のあったか…メラーメン特集でいき…たい!!と思いますよ〜〜!!

小千谷といえばいろんなジャンルのうんまいグルメがありますけど、
ラーメン激戦区としても、有名ですからね!!

思い返せば、今まで、ヒグマ、勝龍、つり吉と、個性あふれる、
うんまいラーメン屋をご紹介してきましたよね〜。

インフォメーションページには、ラーメンの写真だけ載せましたけど…

さすが…こいこいをお聴きの皆さんですね!!
正解している方も、沢山いらっしゃいました!

今回は、小千谷市若葉町にある、「麺や ようか」に〈おぢゃま〉してきました〜!!
今年で創業6年目を迎えた、小千谷では、比較的新しいお店なんですよね!!

実は、僕も、結ちゃんも、オープン当初から〈おぢゃま〉しているお店なんですが、
店内に入ると、目の前には、ガラス張りの製麺所があって、
その隣には、大きなオープンキッチンに、広いカウンター席が広がっています。

テーブル席は、ブラインドを下ろすことが出来るようになっていて、
ゆったりと食事を楽しむ事ができる造りなので、
お子様連れのファミリーや女性のお客さんでも、
安心して〈おぢゃま〉できるな〜と、感じますね。

僕たちは、テーブル席に座ってまずは腹ごしらえ!!ということで
、メニューも沢山あってさんざん迷ったんですが…
こういうときは、店長に聞くのが1番ですよね〜!

オススメは鶏しおということで、
結ちゃんは鶏しおの細麺!!
僕は濃厚鶏しおの太麺をお願いしました!!

ようかの特徴の1つとして、あっさり、こってりと
二種類のラーメンがあるというところだ!ですよね。
麺も細麺、中太麺と好みに合わせて選べちゃうのが嬉しいポイントでしたね!!

僕が食べた濃厚鶏しおは、こってりとした白湯スープに、もちもちの中太麺!!
具は鶏チャーシュー、鶏そぼろ、白髪ねぎ、味玉、
味のアクセントにカットされたレモンが入っていました!!
とろみのある濃厚スープは鶏の旨味が凝縮されていて、濃厚なんだけど、優しい味で
するっと食べられちゃうんですよ!!また中太のもちもちの麺も最高に合うんですよ!!

結ちゃんが食べた鶏しおは…あっさり味の透き通ったスープに、細麺ストレート!!
具は鶏チャーシュー、鶏そぼろ、白髪ねぎ、味玉、カイワレ、
アクセントにカットレモン!!

優しい鶏の味に、細麺が最高に合うと言ってパクパク食べていましたよ!!

そして、どちらのラーメンに乗っていた鶏チャーシュー!!
私、チャーシューって、豚のイメージが強かったんですけど、
鶏チャーシューは、柔らかくてホロホロとした食感、
豚と比べると油も少ないから、女性ファンも多いと思いますね!

今回は、鶏しおシリーズを頂きましたけど、おススメというだけあって、
すごくこだわりの部分を改めて、発見することができました!!
鶏のスープに、鶏のチャーシュー!!『鶏』にこだわっているなーと感じましたね!!

あと…「麺」ですね!!その日の気分とかで、スープで太麺、
細麺が選べるというのは、嬉しいですよね!!
だから、店内の製麺所で、全部の麺を作っているのかな?と思っていたんですよね。

僕も、ようかには、オープン当初から〈おぢゃま〉させて頂いているんですが、
最初の頃と比べると、なんだか味の変化があったような?そんな疑問があったんです。
そんな、こだわりや疑問をぶつけるべく、
麺や ようか 店長の覚張陽介さんに、お話を伺ってきましたよ!!

ようかの名前の由来は、店長の名前陽介の「よう」と
奥さんのかよこさんの「か」を取って「ようか」という名前なんだそうです!!

ヒューヒュー♪奥さんの名前をお店につけるなんて素敵ですよね!!

こだわりの部分を聞いたんですが、まずは「麺」!!

細麺、太麺ともに全て自家製麺!!

店長自ら全て手打ちで行っているんだそうですよ!!

四種類の小麦をブレンドし季節によっても変化を加えた麺なんだそうです!!

最近やっと納得できる麺が打てるようになったとのことですね。

僕が食べた濃厚鶏しおは、鶏肉と、もみじ(鶏の足)を8時間煮込み鳥の出汁が
詰まった濃厚スープ!!

鶏しおの方は、鶏と煮干のダブルスープで飽きがこない優しい味に
仕上げているんだそうです。

そしてどちらも鶏チャーシューが載っていて、鶏に拘ったこだわりの一品なだそうです。

覚張店長がラーメン屋を目指したきっかけは、17歳高校生の頃始めたアルバイト、
なんと小千谷の名店の一つ、「金次郎」で働いたことがきっかけだったんだそうです。

アルバイトを3年、社員で4年働き、さらに修行の為に一度小千谷を離れて
東京のラーメン屋で働いたんだそうです!!

小千谷に自分の店を持ち・・・たい!!

そして、今までの小千谷では無かったラーメン屋をやり・・・たい!!

と考えながら寝る暇惜しんで頑張ったそうなんです。

実際挫けそうな時もあったけど、
小千谷の為に頑張ろうと踏ん張った時もあったと話してくれました。

一つの夢を叶えて、小千谷に店をオープンして、
あっさり味の細麺の鶏しおラーメンが中々受け入れてもらえなかったそうなんです。

確かに小千谷のラーメンというと、わりと味の濃いラーメンが多いですよね!!

そこから、麺の改良、スープの改良、メニューの改良を重ね
リピーターがどんどん増えてきたんだそうです。

今では、小千谷ではみんな知っているうんめえラーメン屋さんの一つですからね!!

高校生の頃からの夢、小千谷で自分のラーメン屋をやり・・・たい!!という夢を
叶えた覚張店長ですが、さらに次の夢を話してくれました!!

今自分にできることを精一杯行って、努力することかなと話してくれました!!

覚張店長、ありがとうございました!!

僕も、こいこい おぢや プログラムのレポーターをやらせて頂いて、もうすぐ一年…
ラーメンに限らず、この一年弱を通じて出会いお話を聞いたおぢやんしょの皆さん全員、
すごくドラマを背負っているんだなぁと感じたんですよね!!今回の覚張店長のように、
一度外へ飛び出し、戻ってきた方や、生まれてから小千谷一筋で頑張っている方、
仕事外で小千谷を盛り上げようと活動している方…ただ共通して言えることは、
みんな小千谷が好きなんだなあと感じるんですよ!!
僕はまだまだ色んな意味で修業中な身ですが、
この小千谷市で生きて、僕なりのドラマを作っていき…たい!!と思いましたね。

しびれました!!

寒い冬にピッタリ!小千谷のあったかラーメン!!

こだわりと小千谷愛が詰まった、麺や ようかのラーメンを食べに、
〈おぢゃま〉してみてくださいね!!


★★★麺や ようか★★★

関越自動車道小千谷インターを降りて、およそ5分!!

●営業時間●

平日は、午前11時〜午後10時、午後3時〜午後5時までは、休憩時間です。
土、日、祝日は、午前10時〜午後9時まで通し営業となっています!!

●定休日●

火曜日

●TEL●

0258−83−0816


【鬼は〜外♪福よ〜・・・こ〜いこい!!節分の豆まきは小千谷の豆でまき・・・たい!!竹島屋製菓に〈おぢゃま〉してきました!!】

明子さんの持っている豆を持ち込むと、僕が持っている豆菓子のようにパンパンになっちゃいます!!んまそ〜!!

明子さんの持っている豆を持ち込むと、僕が持っている豆菓子のようにパンパンになっちゃいます!!んまそ〜!!

商品もこんなに沢山!!ま〜め〜!!

商品もこんなに沢山!!ま〜め〜!!

おぢやの・・・お〜ぅ!!

おぢやの・・・お〜ぅ!!

まめな男になり…たい!!レポーターの隊長木島です。


結「隊長!!2月に行われる日本の伝統的なイベントといえば?」

隊「えっ!!チョコレートくれるんですか?すいませんね〜!!
 あっ!!僕ダイエットしてるんで、甘さ控えめだとありが・・・たい!!ですね〜◎」

結「はっ!?違うよ!!節分でしょ?」

隊「あ〜そっちでしたか?節分がどうしたんですか?恵方巻が食べたいんですか?」

結「・・・おぢやんしょレポーターとして、節分の豆まきの【豆】を探してきて!!
 よろしくね〜♪」

ということで、鬼のような・・・いや、福の神の様な結ちゃんの特別ミッション!!
今回は、2月3日(来週の月曜日)の節分に向けて、
小千谷にある、豆!を、探してきちゃいました〜!!

節分といえば、豆は、欠かせませんよね!!
ちなみに、皆さんは、豆まきってどんな豆を、まきますか?

我が家は、落下生!!ですね。小千谷では、ぼこ豆って呼びますよね。

ぼことは、蚕の繭のことで、落花生の殻が蚕の繭に似ていることから、
ぼこ豆と呼ばれています!!小千谷は昔、蚕の養殖が盛んだったことから、
生活をもたらせてくれる敬意を込めて、「ぼこさま」と呼んでいそうなんです。

3月1日2日に行われる、おぢや風船一揆のイベントのひとつ『ぼこあげ』も、
こういった意味から行われているんですよね。

小千谷市民、おぢやんしょにとって、蚕、「ぼこ」とは、
すごく意味のある名前なんです!!
新潟県内は、落花生を撒く場所が多いと聞いたんですが、
ラジオをお聴きの皆さんが住む場所の豆の種類も、是非、
メッセージで教えて頂き…たい!!と思いますね!!

今回、豆を求め〈おぢゃま〉したのは、小千谷市千谷川にある、
豆菓子の製造販売、委託加工を行っているお店、「竹島屋製菓」です!!


小千谷の豆菓子と言えば、竹島屋製菓!!ここ放送ブースのお隣、
物産売店の逸品館でも、竹島屋製菓の色んな種類の豆菓子が販売されていて、
沢山あるお土産の中でも、大人気なんだそうですよ!!

結ちゃんも小さいころ、おばあちゃんの家とかで、
甘じょっぱい長寿豆という豆菓子を食べていたそうです!!

実際にお店に〈おぢゃま〉して、色々とリサーチをしてきましたよー!
創業62年の老舗豆菓子屋、竹島屋製菓!
元々は、あられやかきもちの製造を行っていたそうなんですが、
その中でも、お客さんが持ち込んだ大豆を、内職程度に、お菓子に加工していた!
ということで…それが評判を呼び、豆の委託加工へ転向したんだそうです。

竹島屋製菓の看板商品、大豆に落花生、あられが入った、
甘じょっぱい素朴な味わいを楽しめる豆菓子の「長寿豆」は、
委託加工を行っていくなかで、お客様の要望で生まれた商品なんだそうです!!

お客さんの委託加工の中で誕生した商品…?ということは…竹島屋製菓は、
豆菓子を作って販売している!だけじゃなくて、例えば、僕が大豆を持っていけば、
自分好みのお菓子に加工してくれるってことなんですよ!!

大豆や殻を剥いた落花生一升(およそ、1・2〜3キロ)以上で、
加工してもらえるんです!!

味を選んだり、あられを入れたりと、限られた範囲内で、
希望にそった豆菓子を作って頂けますよ。

僕が〈おぢゃま〉した時も、豆を預けにきたお客さんや、
出来上がったオリジナルの豆菓子を取りに来たお客さんで賑わっていました!!

僕も〈おぢゃま〉するまで豆を持ち込めば、
オリジナルの豆菓子がオーダーできるなんて、知りませんでした。

小千谷市内の農家の方が多いのかなと思っていたら、
新潟県外のお客さんも、沢山いるそうですよ!

例えば、お隣、長野県の豆を作っている農家さんが持ち寄りで豆を集めて大量に
送ってきたり…小千谷市内だけじゃなくて、県外のお客さんにも愛されている、
小千谷のお店なんです!

小千谷の店が小千谷市外の方からも愛されているって、
小千谷市民としても、幸せな気持ちになりますよね。

小千谷愛をこめて豆菓子を作り続けている、竹島屋製菓!!
そのこだわりや、節分の豆の事を詳しく聞き…たい!!
ということで、今回は、竹島屋製菓三代目、素敵な笑顔で接客してくださった、
竹内明子さんに、お話を伺ってきました!!

一番の人気商品はやっぱり「長寿豆」!!

味付けも、素材の豆の味を生かせるようにと、配分にもこだわりがあるそうなんです!!

皆さんが手間暇込めて作った豆を生かせるようにと初代から受け継がれてきた
製法なんだそうですよ!!

明子さんもバリバリのおぢやんしょ!!
豆まきって何を巻きますか?と質問したところ、

「やっぱり小千谷の人は、ぼこ豆、落花生ですよね!!」

と素敵な笑顔で答えてくれました!!

なんと!!竹島屋製菓では期間限定商品として、小千谷産の落花生の販売を
しているんだそうです!!

小千谷産の言葉に弱いんです!!早速味見をさせて頂きました!!

見た目は少し小ぶりかな〜と思ったんですが、
食べてみてビックリ!!

贔屓目は全く抜きにして、こんなに美味しい落花生は初めてたべましたよ!!

味が非常に濃いんです!!

小千谷産の落花生は大変貴重で、年々生産数も減ってきているんだそうで、
大変貴重なものらしいんです!!

そのぶん味は◎!!是非一度食べて頂き・・・たい!!豆ですよ!!

最後に明子さんに今後の夢を訪ねてみましたが、

細く長く、なるべく地元の物を使い、地元に愛される、
そして次世代につないでいけるお店が私の夢ですと話してくださいました!!

明子さん、ありがとうございました!!

放送ブースでは結ちゃんに小千谷産の落花生お土産に持ってきて
食べてもらいました!!

期間限定!貴重な小千谷産のぼこ豆!是非、食べてみてください!!

うんまい!!味は濃厚でふくよかな味だ〜!!とのことでしたよ!!


竹島屋製菓の営業時間は、午前8時〜午後7時まで。日曜日が定休日となっています。
小千谷産の落花生は、小千谷市千谷川にある竹島屋製菓のお店と、
小千谷市本町にあるたかのスーパーのみで販売されていて、期間限定商品です。
無くなりしだい終了とのことなので、食べてみ…たい!!
と思った方は、お早めに、どうぞ!!

竹島屋製菓の豆菓子に関しては、放送ブースのお隣、物産売店の逸品館にも、
置いてありますし、小千谷ファンクラブの
ショッピングサイト「おぢやまるごと市場」からも、購入することができますよ!!

春に福を呼び込むために行う、日本の伝統行事、節分!!
今年の豆まきの豆は、小千谷産の豆を使って…

鬼は〜外!!

福よ〜…

こ〜いこい!!

節分に、お茶請けに小千谷の豆菓子是非食べてみてくださいね!!

竹島屋製菓のHPはこちらからどうぞ☆


【大寒波到来!?寒い冬は温泉に入り・・・たい!!湯どころ ちぢみの里に〈おぢゃま〉しました!!】

センター長の羽鳥さんと、おぢやの・・・お〜ぅ!!

センター長の羽鳥さんと、おぢやの・・・お〜ぅ!!

結ちゃんが食べた「そば御膳」!!おそば、天ぷら、マグロ丼、小鉢がセットで1300円!!絶対お得です!!

結ちゃんが食べた「そば御膳」!!おそば、天ぷら、マグロ丼、小鉢がセットで1300円!!絶対お得です!!

ゲームコーナーで遊ぶ結ちゃん発見!!館内は沢山の施設がありますよ!!

ゲームコーナーで遊ぶ結ちゃん発見!!館内は沢山の施設がありますよ!!

寒い日は、温泉で体の芯まであったまり…たい!!
おぢやんしょレポーターの隊長木島です。


今日のおぢゃまします!!は、小千谷の冬のオススメスポット!小千谷市ひ生にある、
日帰り温泉施設、「小千谷市地域間交流センター 湯どころ ちぢみの里」を
ピックアップしましたよ〜!!

国道17号線にあるので、小千谷市外からのアクセスも、抜群!!
道の駅も併設しているので、ドライブの途中にも〈おぢゃま〉しやすいですし、
小千谷のお土産も、たっくさん取り揃えていますよ。

毎月、この番組では、入館券のプレゼントも頂いていますので、
〈おぢゃま〉したことあるよ〜!!って方も、多いかもしれませんね!!

自然に囲まれているので、温泉につかりながら、
小千谷の四季を感じてリラックスできるスポットですよね!!

ちぢみの里の温泉は、小千谷市津山温泉という源泉名で、泉質は、
ナトリウム炭酸水素塩 塩化物温泉弱アルカリ性低張性高温泉。
効能でいうと、神経痛、筋肉痛、冷え性、疲労回復などに、
効果があるといわれているそうです。

ちぢみの里の温泉は、浴槽が洋風の造りになっている『縮の湯』と、
和風の造りになっている『紬の湯』があって、お風呂のタイプは、
男女週替わりとなっています!!

僕たちが〈おぢゃま〉した時は、洋風の縮の湯が男風呂で、
和風の紬の湯が女風呂でした!!

洋風の縮の湯は、岩盤浴や、ウォーターマッサージがあって長時間
リラックスして入ることができました!!

僕は小学生の時から通っている温泉私設なんです。

雪を見ながらの露天風呂も最高でしたよ。

和風の紬の湯の方は、源泉かけ流しの湯や、檜風呂があったり、
週替わりで楽しめるのもいいんですよね!!

温泉から上がった僕たちは、タオルと一緒に貸し出しされる館内着に着替えて、
リラックスモード!!

体の芯まで、ポッカポカに温まったあとは…やっぱり、
冷たい小千谷そばを食べたくなっちゃいますよね!!

ちぢみの里には、小千谷そばのお店「岩藤屋」が入っているので、
本格的な小千谷そばを、食べることができるんです。

温泉に入らなくても、食べる事ができますよ!!

しかも、岩藤屋では、小千谷でも数少ない手打ちうどんも提供しているんです!!
そばとうどん両方食べ…たい!!人には、合盛りもできちゃいますよ!!

そば、うどん以外にもラーメン、定食、小千谷の地酒におつまみと、
メニューは盛りだくさんです!!

今回、結ちゃんは、手振りの小千谷そばと天ぷら、ミニ海鮮丼、
小鉢がセットになった『そば御膳』を注文!

僕は、特製の手打ちうどんを使った「鍋焼きうどん」をオーダーしちゃいました!!

あっ!!でも、その前に…
お風呂上り!といえば、まずは、腰に手を当てて飲み…たい!!

コーヒー牛乳!!もちろん瓶ですよ!!
思わず喉を鳴らして飲んじゃいました!!

そば御膳は、お得感満載のメニューです!!

そばも天ぷらもマグロ丼と一度に食べることができちゃうんです!!

おそばはふのりをつなぎに使った小千谷そば!!

火照った体に冷たいおそばの喉ごし・・・最高です!!

そして僕が頼んだ鍋焼きうどん。

鍋の中で煮込まれた、白菜やきのこ、天ぷらに自家製手打ちうどん!!

これも寒い冬にぴったりです!!

うどんは手打ちということだけあってこしがあって、もちもち美味しかったです。

お腹も、いっぱいになった僕たちは、館内探索隊として、施設の二階に〈おぢゃま〉!

二階に、3時間2000円で借りることが出来る、和室の個室がありました!!

今回僕たちは、大広間でご飯を食べたんですけど、
個室でも食事をすることが出来ますし、
家族や仲間同士で個室を利用する方も、多いみたいですよ。

個室での送迎付き宴会プランもありますので、是非、チェックして頂きたいですよね。
他にも、大画面スクリーンで迫力ある映像を楽しめる、「ムービールーム」。

小さいお子さんにも大人気のゲームコーナー、
温泉につかって眠くなったらリラックスして仮眠がとれる、リラックスルーム、
プロのマッサージが受けられるマッサージルームと、色んな施設が整っています!!

荷物とか服は、お風呂のロッカーに預けて、館内着で動けるから、お風呂に入って、
ご飯を食べて、またお風呂に入って…なんて感じで、
ゆ〜ったりできちゃうのが良いポイントですよね〜!!

結ちゃんは、この後、もう一度温泉に入りに行きましたし、
僕は、リラックスルームで1人、リラックスタイムを、満喫楽しました!!
いや〜仕事というのを忘れちゃうくらい、癒されましたね〜!!

実際リラックスしすぎて爆睡してしまうほど・・・

しかし!!ちゃんと、おぢやんしょレポーターとして〈おぢゃま〉したからには、
ちぢみの里の魅力をひとつでも多く伝えられるように!!と、センター長の羽鳥さんに、
お話を伺ってきましたよ!

最近は冬で雪降ろしの後に疲れたっやーと〈おぢゃま〉する方が多いんだそうです!!

ちぢみの里にはお得な宴会プランがありますので是非使って見て欲しい!!

そして、お食事のメニューも、岩藤屋のおそばやうどん、沢山のメニューが
ありますのでゆっくり、ゆったりしてくださいね!!
と優しく笑顔で答えて頂きました!!

ちなみに人気メニューはやはり結ちゃんが食べた「そば御膳」だそうですよ!!

岩藤屋のおそばはここでしか食べることができませんからね、納得です。

道の駅も併設されているので、小千谷市以外からも沢山の方が〈おぢゃま〉してくれて
いるんだそうです!!

温泉に入り、おそばを食べて満足そうな顔で帰ってもらえているのが
嬉しいとのことでした。

羽鳥さん、ありがとうございました!!

寒い日に温泉で、ゆったりポカポカリラックス!!

冬の小千谷のおススメ〈おぢゃま〉スポット!

湯どころ ちぢみの里に…こ〜いこい!!


●小千谷市地域間交流センター 湯どころ ちぢみの里●

*営業時間:午前10時〜午後10時※受付は午後9時15分までとなっています

*料金:大人900円、小学生以下は、500円。
バスタオル、フェイスタオル、館内着付き
(午後8時以降は、大人700円、小学生300円)

*休館日:水曜日

毎週火曜日はシルバーデイ
10時〜3時まで、65歳以上は、500円で入浴できます。

毎月第2木曜日はレディースデイ
10時〜6時まで、女性は、700円で入浴できます。

*個室利用

3時間、2000円〜となっています。

他、各種お得な宴会プランもありますのでHPをチェックしてみてくださいね。

湯どころ ちぢみの里のHPはこちらからどうぞ☆


153件(79件)