おぢや ファンファン CHANNEL お知らせコーナー

21件(1〜3件)

12月 7日 おぢやしごと未来塾

deco




小千谷市で開催のお知らせ!!


新潟県立小千谷西高校 上村敏明 校長先生
新潟県立小千谷高校 横堀正晴 教頭先生

来週11日に開催される、おぢやしごと未来塾について。。。

『おぢやしごと未来塾』は、正式名称「〜キャリア教育推進事業〜おぢやしごと未来塾」と題し、
小千谷市が市内の産業界や高等学校と連携しながら「おぢやモデル」としてキャリア教育を推進するもので、将来、就職先を考えるときに、
地元企業などが選択肢のひとつとして意識されるよう、小千谷市内の中学生に対して早期の動機付けや啓発活動を行っているものです。
今年度は新潟県の協力も得て、県内大学ブースの出展を拡大します。
これは、大学進学もキャリア教育の過程と考え、中学生に、より視野を広げてもらうためのものです。

会場では、小千谷市を引っ張る優良企業をはじめ、県内大学など、全部で48のブースでさまざまな地域産業や職業、進路を学ぶことができます。

また、今年度も、小千谷西高校の3年生と小千谷高校の2年生が、高校生活で得たことや学んだことを就職や進学を見据えて発表する
パネルディスカッションが行われます。
小千谷市内の2つの高校の生徒のほか、小千谷市内の4つの企業の方々がステージに上がり、中学生に、高校や企業の魅力、進路選択についてのメッセージなどをお伝えします。
小千谷市内の事業所様での実習や、工業の科目を学ぶことができる本校のメカトロニクス系列のことなど、高校での様々な活動に積極的に取り組んだ様子を伝えてくれると思います。


〇パネルディスカッションの一番の聞きどころは?

企業の方からは、ご自分の企業のやりがい・魅力や求める人材像、また、高校生からは、高校での取組や将来の夢など、
合計8人のパネリストの方のいろいろな言葉を聞くことができるところです。

〇中学生には、パネルディスカッションから、どんなことを感じ取ってほしいところは?

高校生や地元の企業の方々のお話から、自分が高校を卒業した後の進学や・就職を見とおして、その上で、
自分は高校でどんなことに取り組みたいのかを考えるきっかけにしてもらいたいですね。

中学2年生が3年生になる前のこの時期に、自分の進路を考えるきっかけになると思いますし、
地域や保護者の皆様にも地元小千谷の企業の魅力を再確認できる場になると思います。

「〜キャリア教育推進事業〜おぢやしごと未来塾」
12月11日(火)、一般公開は、午前10時10分〜12時まで。
場所は、小千谷市総合体育館です。
パネルディスカッションのあとに、企業・大学ブースを見学いただけます。
詳しくは、小千谷市企画政策課 電話0258-83-3507までお問合せください。


 


9月21日 小千谷青年会議所 大川嘉人さん


deco

一般社団法人 小千谷青年会議所 まちのFUNづくり委員会
大川嘉人さん
 

おぢゃれフェスタ2018〜おぢやをあそぶ!あそんでつくる!〜を、10月14日 日曜日、おぢゃ〜る市民の家・小千谷信濃川水力発電館で開催します!
時間は、10時〜19時まで

ただ今、おぢゃれフェスタ当日の、フリーマーケット出店者を募集しています!


フリーマーケット会場は、おぢゃ〜るの芝生広場となります。
出店時間は、午前10時から午後4時まで、出店料は1,000円で、1区画2メートル四方程度、全部で50店を募集中です!

高校生から出店可能ですが、未成年の方は、保護者の同意が必要となります。
申込書のなかに同意書の欄が設けてありますのでご確認ください。
出店いただく商品ですが、偽ブランド商品や、違法なもの、食品、生き物、医療品、刃物、危険物等は販売禁止となっています。
そのほかは、基本的に自由ですが、内容により、適時ご相談させていただくことがあります。

もちろんどんな方からも出店申し込みは大歓迎ですが、若い世代、特に高校生から40代くらいの方にたくさん参加して欲しいです。若い世代に、自分たちのくらすまちを、自分たちでどんどん「楽しいまち」「楽しいことができるまち」にしていって欲しいと思っています。
出店内容については、こども用品、衣類等はもちろんですが、キャンプ用品・アウトドア用品やスポーツ用品、CDや本、雑貨など、くらしが楽しくなるようなものがたくさんあると楽しいですし、手づくり・ものづくりをされている方たちにも是非出店してほしいです!

小千谷青年会議所の事務局に申込書をお持ちいただくか、FAXまたは、メールでお申込みいただけます。
申込用紙は、小千谷商工会議所、市内の公共施設やお店に置かせていただいていますし、小千谷青年会議所のHP・FBにも上がっていますので、印刷してご利用ください。
締切は、10月5日 金曜までとなっています。
定員になり次第受付終了となりますので、お早目にお申込みください!

詳しくは、小千谷青年会議所 事務局 電話:0258−81−1300までお問合せください。小千谷青年会議所の事務局がある小千谷商工会議所に繋がります。


 


3月 9日 そなえ館 細貝悠斗さん

平成23年3月11日に発生した東日本大震災からまもなく7年を迎えます。

改めて、中越大震災を経験した小千谷だからこそ伝えられる教訓などを、
おぢや震災ミュージアムそなえ館 ナビゲーナーで防災士の細貝悠斗さんに
お話を伺いました。

●日頃のそなえておくべき心構え、ものなど教えてください。

東日本大震災から7年、今年度も東北から地域の復興を担うみなさんや東日本大震災を
後世に伝えようと活動しているみなさまからご来館いただきました。
同じく震災を経験した小千谷だからこそ伝えられる「そなえ」について紹介させていただきます。
「そなえ」といえば、非常食や飲料水など、目に見える「モノ」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
では目には見えないそなえ「ココロのそなえ」と言われた時に思い浮かぶものはありますか?その1つが「あいさつ」です。
中越大震災でも「日頃の付き合いがあったからこそ、大変な避難生活を協力して乗り切ることができた」という声が多くあります。
「コミュニケーションというそなえ」も忘れずにしておきたいですね。

●おぢや震災ミュージアムそなえ館では、どんなことを学べますか?

地震体験だけではなく、いざというときに役立つ防災工作なども体験することができます。
災害は決して他人事ではありません。自分の身に降りかかったらと、「自分事」におきかえて考える必要があります。
そなえ館に足を運んでいただき、災害について考えるきっかけにしていただければと思います。
3月24日(土)からは、春休みイベントも開催します。地震体験やクイズで、防災を楽しく学ぶことができます。みなさまのご来館お待ちしております。

おぢや震災ミュージアムそなえ館 小千谷市上ノ山
開館時間は、午前9時〜午後5時まで。
詳しくは、そなえ館HP
電話0258−89−7480までお願いします。

ぜひ、今週末そなえ館に行ってみてください。

 


21件(13件)

1 2 3 4 5 次へ