開局30周年を迎えるFM-NIIGATAがAR(拡張現実)プロジェクトを始動

開局30周年を迎えるFM-NIIGATAがAR(拡張現実)プロジェクトを始動
第一弾は、6/18(日)より5日間連続で
新潟日報朝刊1面にAR広告を掲載
 

 株式会社エフエムラジオ新潟(本社:新潟県新潟市、代表取締役社長:中野幹)は、この夏よりAR(拡張現実)技術を活用した新たなプロジェクトを始動いたします。
当社は今年開局30周年という節目を迎え、従来のラジオ放送事業に加えて、AR技術を活用したこれまでにない新たな価値を、リスナーの皆さま、スポンサーの皆さまに提供してまいります。
 スマートフォンアプリ「COCOAR2(※)」を起動し、紙媒体などのARのマーカーにスマートフォンをかざすと、特別な動
画や画像などを楽しむことができます。ARプロジェクトの第一弾といたしまして、6/18(日)より、5日間連続で新潟日報朝刊の1面に、デザインの異なるFM-NIIGATAのAR広告(下記参照)を掲載いたします。
 
 deco
 ※画像をクリックで拡大
 

この広告をスマートフォンアプリ「COCOAR2」で読み込むと、日替わりで異なる『FM-NIIGATA開局30周年記念ムービー』をご覧いただけます。
開局30周年を迎えるFM-NIIGATAはこれからも新たなチャレンジを続けるラジオ局として、皆さまとともに前進してまいります。
 
※FM-NIIGATA開局30周年:
2018年3月31日(土)までが開局30周年期間(開局日:1987年10月1日) 

※COCOAR2(ココアル2):
スマートフォン向け AR(拡張現実)アプリであり、アプリ経由でARマーカー(カードやポスターなど)を読み込むと、
設定されている動画・音楽・URL・3Dといった 様々なオリジナルコンテンツが表示される。iOS、Androidのスマートフォンでダウンロードが可能。
お使いのスマートフォンによっては、COCOAR2が正しく動作しない場合があります。詳しくは、アプリストアの説明文をご確認ください。
なお、COCOAR2は、スマートフォン専用アプリとなりますのでご注意ください。