FM-NIIGATA インフォメーション http://www.fmniigata.com/user/fm_info_list FM-NIIGATA インフォメーション ja Thu, 13 Jul 2017 19:17:47 +0900 第四回「きみはどんなくすりがほしいかな?」絵はがきデザインコンテスト 絵やデザインに興味のある小学生のみなさんや小学生をお子さんに持つ親御さんにお知らせです。    FM-NIIGATAをはじめとするJFN38局とアクテリオンファーマシューティカルズジャパンは、昨年実施した第三回のコンテストの沢山の応募作品を通して、子どもたちの自由な “想像力”に触れること事ができました。   全国の小学生のみなさんに、さらにその自由な発想をいろいろな形で表現して頂くよう、第四回「きみはどんなくすりがほしいかな?」絵はがきデザインコンテストを開催します。このコンテストは、小学生のみなさんがほしいと思うくすりをデザインしていただき、その作品を募集します。  キミがほしいくすりってどんなくすりですか?    どんな色?どんなカタチ?どんな名前?どんないいことが起こるんだろう?    何ににてるんだろう?何をしてくれるんだろう?   もじゃもじゃかな?カクカクかな?つるつるかな?    キミがほしいくすりでデザインしてみよう。    色だけでも、文字だけでも、鉛筆で描いても、絵の具で塗っても、大きくても、小さくても    ぐちゃぐちゃにしても、もじゃもじゃにしてもいいんだよ。   自分の頭に浮かんだことを、ハガキに描いて自由にカタチにしてください。  パソコンなどの機械を使わず、自分の手で直筆、自作のあなたの作品をお待ちしてます。締め切りは9月15日(金)消印有効です。詳細・特設HPはこちら毎週日曜日9時から放送の「KEEP ON SMILING」もお聴きくださいね♪       http://www.fmniigata.com/user/fm_info/doc_id/42743 Thu, 13 Jul 2017 19:17:47 +0900 7月25日(火)お昼12時~!! JRA特別番組放送決定!! いよいよ今月29日(土)から9月3日(日)まで新潟夏競馬が開催されます!  FM-NIIGATAではそんな新潟夏競馬開催に先立ち7月25日(火)お昼12時からJRA特別番組を放送します!  題して、JRA Presents 新潟夏競馬「EXCITING SUMMER」inイオンモール新潟南!   今月17日(月)にイオンモール新潟南で行われた公開録音の模様を一挙55分にまとめて放送します!内容は今月29日(土)から開催される新潟夏競馬の  重賞レースの見どころやイベント情報、豪華ゲストなど、たーっぷりとお伝えします!  MCは清野幹・西條詩菜ゲストにお笑い芸人の星野和之、テレビなどの競馬解説者として活躍されている いくのひろし先生とお伝えします!  さて、今年はどんな情報が?!番組を通して、新潟夏競馬をエキサイティングに楽しみましょう♪聴いてね☆  http://www.fmniigata.com/user/fm_info/doc_id/42741 Thu, 13 Jul 2017 11:08:35 +0900 開局30周年を迎えるFM-NIIGATAがAR(拡張現実)プロジェクトを始動 開局30周年を迎えるFM-NIIGATAがAR(拡張現実)プロジェクトを始動!第一弾は、6/18(日)より5日間連続で新潟日報朝刊1面にAR広告を掲載  株式会社エフエムラジオ新潟(本社:新潟県新潟市、代表取締役社長:中野幹)は、この夏よりAR(拡張現実)技術を活用した新たなプロジェクトを始動いたします。当社は今年開局30周年という節目を迎え、従来のラジオ放送事業に加えて、AR技術を活用したこれまでにない新たな価値を、リスナーの皆さま、スポンサーの皆さまに提供してまいります。 スマートフォンアプリ「COCOAR2(※)」を起動し、紙媒体などのARのマーカーにスマートフォンをかざすと、特別な動画や画像などを楽しむことができます。ARプロジェクトの第一弾といたしまして、6/18(日)より、5日間連続で新潟日報朝刊の1面に、デザインの異なるFM-NIIGATAのAR広告(下記参照)を掲載いたします。   ※画像をクリックで拡大 この広告をスマートフォンアプリ「COCOAR2」で読み込むと、日替わりで異なる『FM-NIIGATA開局30周年記念ムービー』をご覧いただけます。開局30周年を迎えるFM-NIIGATAはこれからも新たなチャレンジを続けるラジオ局として、皆さまとともに前進してまいります。 ※FM-NIIGATA開局30周年:2018年3月31日(土)までが開局30周年期間(開局日:1987年10月1日) ※COCOAR2(ココアル2):スマートフォン向け AR(拡張現実)アプリであり、アプリ経由でARマーカー(カードやポスターなど)を読み込むと、設定されている動画・音楽・URL・3Dといった 様々なオリジナルコンテンツが表示される。iOS、Androidのスマートフォンでダウンロードが可能。お使いのスマートフォンによっては、COCOAR2が正しく動作しない場合があります。詳しくは、アプリストアの説明文をご確認ください。なお、COCOAR2は、スマートフォン専用アプリとなりますのでご注意ください。 http://www.fmniigata.com/user/fm_info/doc_id/42485 Tue, 20 Jun 2017 08:44:49 +0900 「株式会社LOTSプロモーション」について 株式会社エフエムラジオ新潟は 100%子会社「株式会社LOTSプロモーション」を設立しました。 ◆名称   株式会社LOTSプロモーション ◆会社設立 2016年7月1日 ◆所在地  【本社】〒950-0907新潟県新潟市中央区幸西4-3-5(FM-NIIGATA本社屋内) 【東京オフィス】〒102-0083東京都千代田区麹町1-8JFNセンタービル4F ◆業務内容 <イベント・セールスプロモーション業務> 新店舗オープンの盛り上げなどのイベント実施やイベント運営サポート業務を行います。 <タレントプロダクション業務> FM-NIIGATAパーソナリティやフリーアナウンサー、タレント、シンガー、DJなどを 企業様の周年祭や納涼会などに使っていただくことでお手伝いをさせて頂きます。 http://www.fmniigata.com/user/fm_info/doc_id/39382 Tue, 20 Sep 2016 19:16:55 +0900 LINE@fm-niigata  LINEやっています! FM-NIIGATAは LINEをやっています。 ぜひ友だちになってください☆ LINEでは放送前のお得な情報をお届けしていきます! この機会にお友だちになってください★ アカウントは 「LINE@fm-niigata(ライン アット エフエム ハイフン ニイガタ)」です。 こちらで検索してください。 http://www.fmniigata.com/user/fm_info/doc_id/29012 Tue, 30 Sep 2014 08:56:22 +0900 FM-NIIGATAがパソコン・スマートフォンで聴ける パソコンやスマートフォンでFM-NIIGATAが聴ける「radiko.jp」。 rajikoとはパソコンやスマートフォンでラジオが聴ける IPサイマルラジオのことです。 インターネット環境さえあれば どこでもFM-NIIGATAを聴くことができます。 今までラジオの聴取が難しかった高層ビルやマンションの中でも インターネット接続すれば、雑音の無いクリアな音声で番組を楽しめます。 また、登録などの面倒な手続きが必要なく無料で(※別途通信料はかかります) お聴きいただけます。 ■ スマートフォンで聴く。   「radiko.jpアプリ」をダウンロードして頂く事で聴く事ができます。   ■ ガジェットで聴く   「radiko.jpガジェット」をパソコンにインストールすれば、    ブラウザを起動しなくてもradiko.jpが聴けます。 http://www.fmniigata.com/user/fm_info/doc_id/20320 Wed, 09 Apr 2014 09:01:37 +0900 2016年6月16日 新潟市全市一斉地震対応訓練に参加しました。 「新潟地震」から52年となった6月16日(木)12:55~13:10、 新潟市全市一斉地震対応訓練の一環として特別番組「にいがた防災アクション2016」を OAしました。 特別番組内では、 13:02の「地震対応訓練」では、訓練開始告知と「身を守る行動」の確認、 13:03の「情報伝達訓練」では、新潟市内エリアに一斉配信された緊急速報メール等への注意喚起、および新潟市とFM新潟で運用している「緊急告知FMラジオ」の起動テストを実施しました。 FM-NIIGATA局舎内でも「地震対応訓練」では「地震が起こった!!」という 呼びかけを合図に、局舎内で業務中のパーソナリティ、スタッフ、役員が一緒になって、 机やテーブルの下への避難訓練を実施しました。 災害の一報を知ったら、まずは自分の身を守る行動を取り、 その後、身近にあるラジオなどで情報を受け取って避難などの行動に移る、 これが大切です。 リスナーの皆さんも、日頃から職場や家庭で防災について話し合い、 いざという時に備えましょう!! http://www.fmniigata.com/user/fm_info/doc_id/38697 Thu, 16 Jun 2016 15:39:57 +0900 新潟市との「災害時における放送要請に関する協定」について 新潟市とFM-NIIGATAは「災害時における放送要請に関する協定」を締結する事となり、 平成24年9月25日に新潟市役所で調印式と共同記者会見を行いました。 本協定は、東日本大震災、新潟・福島豪雨などの教訓から、 新潟市から発表される緊急情報を、自治会、町内会、民生委員などに、 迅速・確実に伝達する事を目的とするもので、新潟市の防災体制強化の 一環として締結されました。 スイッチがOFFの状態でも、FM-NIIGATAから発信する起動信号によって、 強制的に起動する機能を備えた「緊急告知FMラジオ」を市内全域に配備し、 新潟市に津波警報や緊急地震速報などの緊急情報が発表された場合、 緊急告知FMラジオの受信機を強制的に起動させたうえで放送を行います。 また、FM新潟では、この度の緊急告知FMラジオの運用に合せて、 「全国瞬時警報システム(J-ALERT)」を導入し、緊急告知FMラジオと 連携して運用を行う予定です。 新潟市では、すでに先行して運用を行っている秋葉区と南区に加え、 新たに北区、東区、中央区、江南区、西区、西蒲区の6区の 自治会、町内会、民生・児童委員、コミュニティ協議会に、 合せて 2,880台の緊急告知FMラジオ受信機を今年度中に配布し、 平成25年4月からの運用開始に向けて準備を進めていく予定です。 ラジオは災害時に欠かすことができない大切な情報源です。 FM-NIIGATAでは、これからも、放送を通じてリスナーの皆様の 安心・安全な社会づくりに貢献できるよう取り組んでまいります。 http://www.fmniigata.com/user/fm_info/doc_id/23117 Wed, 26 Sep 2012 12:38:34 +0900 FM-NIIGATA「気象庁緊急地震速報」について FM-NIIGATAでは、気象庁緊急地震速報を運用しています。 気象庁が震度5弱以上の地震の発生を予測し、 新潟県内で強い揺れ (推定震度4以上)を予測した場合、 気象庁緊急地震速報を報知音とともに速報します。 ◆「緊急地震速報」とは 地震の発生を、大きな揺れが来る前に知らせる“新しい防災情報”です。 地震の初期微動(P波)を感知して震源や地震の規模(マグニチュード)を割り出し、 各地の震度を予測。 大きな被害を引き起こす主要動(S波)がやってくる前に、危険を知らせます。 地震波のスピードの違いを利用したシステムです。 ◆「緊急地震速報」の注意点  震源に近い場所では、初期微動(P波)と主要動(S波)がほぼ同時にやってくる為、 速報が間に合わないケースがあります。 また、地震の初期微動をとらえ、地震の規模や震源を推定しますので、 実際に観測された震度との間に“差”が生じる可能性があります。 ◆「緊急地震速報」の利用の心得  緊急地震速報は、情報を見聞きしてから地震の強い揺れが来るまでの時間が 数秒から数十秒しかありません。 その短い間に身を守るための行動を取る必要があります。 緊急地震速報を見聞きしたときの行動は 「周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保する」ことが基本です。 ラジオは音声のみの放送です。 例えば、運転中のドライバーの急ブレーキなどによって交通事故が起きる可能性が 想定されます。急ブレーキを踏まず、落ち着いて行動して下さい。 http://www.fmniigata.com/user/fm_info/doc_id/1519 Fri, 16 Apr 2010 19:51:26 +0900 2015年6月16日新潟市全市一斉地震対応訓練に参加しました 昨年に引き続き、今年も実施された「新潟市全市一斉地震対応訓練」に FM-NIIGATAも参加しました。 6月16日(火)13:02の「地震対応訓練」では、「地震が起こった!!」という 呼びかけを合図に、局舎内で業務中の社員、パーソナリティ、ディレクター、役員が 一緒になって、机やテーブルの下への避難訓練を実施しました。 地震発生時に取るべき安全行動は、 ①机やテーブルの下に避難する。  ②塀など崩れやすい建物から離れる。 ③姿勢を低くし頭をカバンなどで守る。 この3つです。 そして、災害の一報を知ったら、まずは自分の身を守る行動を取り、 その後、身近にあるラジオなどで情報を受け取って避難などの行動に移る、 これが大切です。 リスナーの皆さんも、日頃から職場や家庭で防災について話し合い、 いざという時に備えましょう!! http://www.fmniigata.com/user/fm_info/doc_id/34844 Tue, 16 Jun 2015 20:23:39 +0900 14.6.16新潟市全市一斉地震対応訓練参加しました 新潟地震から50年となった2014年6月16日(月) FM-NIIGATAでは防災特別番組を放送しました。 番組の中では、新潟市全市一斉地震対応訓練を実施。 ①地震対応訓練:どのように自分の身を守るか ②情報伝達訓練:どのように情報をキャッチするか 自分の身を守るには、「だんごむし」のポーズ。 FM-NIIGATAでもパーソナリティをはじめ、ディレクター、ミキサー、 営業部員、役員も一緒になって防災訓練をいたしました。 いざという時の備え、しっかりと! http://www.fmniigata.com/user/fm_info/doc_id/31250 Wed, 18 Jun 2014 23:01:04 +0900