POWERPLAY 今月のパワープレイ

  • タイトル
    [邦楽] のめりこめ、震えろ。
    アーティスト
    Tempalay
    メーカー
    SPACE SHOWER MUSIC
    発売日
    2019年6月5日
    CDコード
    PECF-3234
    コメント
    FUJI ROCK FESTIVAL をはじめ、アメリカの大型フェスSXSW を含む全米ツアーやアジアツアーを行い、オリジナルなサウンドで新たな存在感を放つバンド”Tempalay”。
    昨年新体制を迎えリリースしたミニアルバム「なんて素晴らしき世界」では、独自の世界観を表現し各方面から高い評価を得る。
    また、今年もFUJI ROCK FESTIVAL’19をはじめフェスへの多数出演が決定している。
     
    そして今回6月5日に約2 年ぶりのニューアルバム『21 世紀より愛をこめて』をリリース。
    リード曲である「のめりこめ、震えろ。」は、美しさ、儚さ、歓喜、絶望が混在した怒涛の時代を生き抜く彼らの意志が形となり、
    まさに聴けば聴くほどのめりこんでしまう、中毒性抜群の作品。震えろ!
     
     
  • タイトル
    [邦楽] 飛花落葉
    アーティスト
    Kaede(Negicco)
    メーカー
    T-Palette Records
    発売日
    2019年6月18日
    CDコード
    TPRC-0222
    コメント
    NegiccoメンバーのKaede正式にソロ活動を開始!出発点としてCD-Rシングル「クラウドナイン」(作詞・作曲  佐藤優介)を今年4月23日にリリース。
    そしてパワープレイ楽曲に決定した新曲「飛花落葉」を収録した本作1stミニアルバム「深夜。あなたは今日を振り返り、また新しい朝だね。」を6月18日にリリース。
     「飛花落葉」は作詞・作曲を山崎ゆかり(空気公団)が手掛けている。
    このほか「カエデの遠距離恋愛」は作詞・作曲を曽我部恵一、編曲を台風クラブによる楽曲。
    ほかにも櫛引彩香、吉田一郎不可触世界、advantage Lucy、Lampの染谷大陽といった作家陣を迎えた作品となっている。
     
  • タイトル
    [邦楽] 君が海
    アーティスト
    My Hair is Bad
    メーカー
    ユニバーサルミュージック
    発売日
    2019年6月26日
    CDコード
    UPCH-20518
    コメント
    前作「hadaka e.p.」を引っさげた全国ツアー「ファンタスティックホームランツアー」では、大阪城ホール、横浜アリーナと関東・関西圏でのアリーナ二日間公演を完売させ、
    今年4月21日(日)の最終公演で朱鷺メッセへの凱旋を果たした、新潟県上越市出身の3ピースロックバンド、My Hair is Bad(マイヘアーイズバッド)。
    フルアルバムとしては前作「mothers」より約1年7か月ぶりのリリースとなる4thフルアルバム「boys」1曲目に収録された「君が海」は、ひと夏の思い出を描写した“マイヘア節”全開で疾走していく夏ソング。
    この「boys」を引っさげた全国ツアーは、“バンド史上最少規模会場から最大規模会場までまわる全国ツアー“となることが発表されている。
     
  • タイトル
    [邦楽]
    アーティスト
    さなり
    メーカー
    A-Sketch
    発売日
    2019年6月5日
    CDコード
    AZCS-1080
    コメント
    小学校低学年時にYouTubeに出会い、オリジナル動画の投稿を開始。動画投稿の収入でパソコンを購入し、遊ぶように動画制作などを行っていた。
    同じ頃、ラップミュージックと出会い、中学校に入るとフリースタイルラップで友達と遊び始め、中学2年生の頃からオリジナル音源の制作をスタート、再度、動画投稿を始めるようになる。
    一度聞いたら耳から離れず、リリックがストレートに入ってくる力強い独特の声が特徴的な16歳のラップアーティスト。
    16歳のさなりがやりたい音楽を全て詰め込んだ、すぐに病んでいると言われがちなこの社会に、10代なりの言葉と音楽で風刺した作品!