こいこい おぢや プログラム

小千谷の魅力を再発見!とっておきの地元ネタを県内に発信!小千谷市のおいしいもの!楽しいこと!!歴史に文化にお祭りに!!盛りだくさんでお伝えします☆小千谷に、こいこい!!

続きを読む

INFORMATION インフォメーション

☆ 小千谷愛をこめて、最後のご挨拶 ☆

最後の1秒まで、笑顔で、お届けした、こいこい おぢや プログラム!

最後の1秒まで、笑顔で、お届けした、こいこい おぢや プログラム!

ありがとうございました!

ありがとうございました!

おぢやの・・・お〜ぅ!

おぢやの・・・お〜ぅ!

◆パーソナリティーの丸山・・・結です!◆

最終回を迎えた、こいこい おぢや プログラム。

改めて、ご挨拶をさせていただきます。

最後の思い出写真集も、UPしました。
お時間ある時に、ぜひ、チェックしてみてください☆

私は、番組スタート時から3年間、
メインパーソナリティーを務めさせていただきました。

最初、小千谷の魅力をリスナーの皆さんに、きちんと伝えられるのか?

正直、とっても不安で怖かったです。

小千谷について、自分自身が知ることから、番組作りがスタートしました。

悩みつつ、一歩一歩 前に踏み出してみたら、
物事に触れてみなくちゃ分からないことが、
小千谷には、無限大に広がっていました!

番組が3年目の第三章をむかえ、レポーターに、小千谷出身の隊長が就任!

初代レポーター杉くん、二代目レポーターの愛ちゃん。
今までは、小千谷初心者の2人がレポーターを務めてくれていたので、
小千谷出身者2人で!というスタイルには、最初、ドキドキしましたね。

だって、隊長は、4つ年上で、小千谷歴?も、私より長いんですから!

小千谷出身者2人だからこそ、小千谷の魅力を〈再発見〉していこう!!!!

これが、3年目に掲げた、大きなテーマの一つとなりました。

第三章にきて大きく変わったのは、まず、メンバーの人数。

第二章までは、基本的に3人体制で、番組作りを行ってきましたが、
第三章では、おぢやんしょコンビの2人体制になったのです。

だから、隊長には、本当に、本当に、本当に、頑張って頂きました。

きっと、隊長が第三章のレポーターじゃなかったら、
私は、最後まで、全力で、突っ走ることは出来なかったと、本気で思っています。

小千谷が大好き!という隊長の気持ち、
きっと、ラジオを通じ、伝わっていたと思いますが・・・
本当に、隊長という人間は、小千谷を愛しています。

そりゃもう、笑ってしまうくらい、小千谷のことが大好きなんです(笑)

だから、こいこい おぢや プログラムの最終回を、
小千谷を愛してやまない隊長と迎えたこと、
私は、自分の中で誇りに思っています。

隊長、ありがとう。お疲れ様でした。
そして、これからも、一おぢやんしょとして、よろしくお願いします!


今まで、こいこいに関わったすべての人との出逢いに、感謝します。

聴いていただき、3年間、ありがとうございました!

そして、また、いつか、もちろん、小千谷で!お会いしましょう。

おぢやの・・・お〜ぅ!おぢやに〜・・・・こ〜いこい!!!

【2014年3月30日 おぢやんょパーソナリティー 丸山 結】


●隊長の木島です●

最終回も終わり、まだまだフワフワした気持ちが収まらないですね。

事務所の片付けをしながら、ああ、本当に終わっちゃったんだなぁ!!と感じています。

僕は、こいこい おぢや プログラムに携わって一年半・・・

最初は、事務局長として、ゆいあいコンビの後ろを歩かせて頂きました。

結ちゃんのこいこいにかける想い、愛ちゃんの不慣れな小千谷で頑張る姿、
僕も負けないように本気で小千谷と向き合い、番組作りに参加させていただきました。

第三章になり自分がレポーターとして伝えていく立場となり、
歴代レポーターの想い、歴代事務局長の願いを背負い

「小千谷の魅力を伝えて、おぢやに〈おぢゃま〉してくれる人を一人でも多く増やそう!!
小千谷のファンを増やそう!!」

と日々結ちゃんと試行錯誤しながらこの1年駆け抜けてきました。

僕がこの一年半を通して「小千谷と本気で向き合った」経験は、
自分の中の大きな原動力となりました。

この番組を通じて知り合ったおぢやんしょ、
ラジオの前で聴いてくれたリスナーの皆さん、
本当にありがとうございました。

歴代小千谷チームの谷口キャップ、杉くん、愛ちゃん達の頑張りがあったからこそ
僕はこの第三章を駆け抜けることができました。
本当にありがとうございました。

最後に、3年間こいこいのパーソナリティーを務めた結ちゃん、
特にこの一年間は小千谷チームは二人体制となり、
本社との仕事と並行して大変なことばかりだったと思います。
ぶつかりあったのは一回や二回じゃありませんでしたね?
結ちゃんがいたからこそ、みんなに愛される番組になったと思いますし、
僕のこの小千谷愛をぶつけられたんです。
本当にありがとうございました。

ではでは、また小千谷のどこかでお会いしましょう!!

おぢやの・・・お〜ぅ!!

小千谷を全力で駆け抜け・・・たい!!隊長木島でした!!

続きを読む

CONTENTS コーナー

ACCESS MAP アクセスマップ

FM−NIIGATA 小千谷サテライト
  947-0028
住所  小千谷市城内1-8-25 小千谷市総合産業会館サンプラザ 2F ロビー
アクセス情報  関越自動車道小千谷インターを降りて、右折。車でおよそ5分!!
道なりに直進し、
大光銀行さんがある交差点を左折。
大きな錦鯉の看板が目印です。
大型駐車場完備!!

LINK リンク

邦楽・洋楽 FM-NIIGATA TOP10