にいがた3R推進宣言 〜考えよう使い捨てプラスチックのこと、食品ロスのこと

続きを読む

INFORMATION インフォメーション

3/12 新潟県優良リサイクル事業所

今週は先週に引き続き、新潟県優良リサイクル事業所として表彰された事業所を紹介します。
 
まずは新潟市の株式会社アルビレックス新潟。
ビッグスワンで行なわれる試合に伴い発生するごみの削減のために、
2005年からアルコール飲料の提供において、
デポジット制のリユースカップを導入しています。
サポーター、飲食売店、スポンサーの協力により実現したリユースカップは、
洗浄して繰り返し使える飲料容器として定着し、
現在ではカップの回収率は98%以上を達成しています。
試合に伴い発生するごみ量の抑制とCO2排出量削減にも一定の効果を上げてきました。
他のクラブでは類を見ない取り組みとして、
現在も他の民間企業や行政からの定期的な視察があるなど、注目されています。
近年では、クリーンサポーターを募集し、
試合後の清掃活動を呼び掛けるなどの取り組みを拡大するほか、
スタジアム内でのペットボトルキャップの回収、
ペットボトルなどのリメイクイベントも実施し、
環境活動への関心を高める取り組みを展開しております。
2019年からは、社内会議や試合時におけるスタッフ用資料のペーパーレス化を図り、
昨年比で40%削減の成果を上げています。
 
続いては新潟市の三和薬品株式会社。
食品用アルコール製剤や事業法アルコールの販売を通して、
ポリ容器のリンク化による廃棄物減量化に携わっています。
通常、大手食品会社に届けるアルコール製剤は、
一回限りの使い捨て一斗缶やバックインボックスを使って届けていますが、
通い箱方式で繰り返し使えるポリ容器を導入することで、廃棄物を削減しています。
新潟市近郊には食品工場が数多く存在していて、
使用量の多い事業者から使用後の一斗缶が毎日大量に積み上がり、
置き場所に困っているという話を聞き、リンクできるポリ容器の導入に着手しました。
化学工業薬品ではリンク容器の使用はめずらしくないものの、
食品加工用の商品でこの方式を導入するには、衛生面や異物混入対策など
食品工場の要望に応えることが課題でした。
そこで、洗浄しやすく、
アルコールの充填に適したポリ容器を確保し、洗浄機を導入することで解決を図りました。
これ以降、大量に使用される容器はすべてリンク容器に切り替えることが可能となり、
2018年度は、全体販売量の9割以上となる、3万5000本以上を削減でき、
廃棄処分する一斗缶の保管場所と処分に困っていた企業に対処しました。
 

続きを読む

PERSONALITY パーソナリティ

LINK リンク

邦楽・洋楽 FM-NIIGATA TOP10