いよいよガンガーへ

ベナレスという、デリーから約750km西の街。

いよいよガンジス河へ向かいます。

ガンジスというのは英語名。
「ガンガー」の方が聖なる河にふさわしいかもしれません。
河そのものが神格化された女神としてあがめられています。
ガンガーなしには語れないこの街、バラナシ。
3000年以上の歴史をもつヒンドゥー教 最大の聖地です。
道が細いため、バスでは近くまでしか入れないので
バスを降りて、サイクルリクシャーに乗り換えます。
運転、いや、漕いでくれたのはこのおじさん。
細い身体なのに、2人も後ろにのせて、走ってくれました。
写真からは伝わりませんけど、、、
クラクションと排気ガスと牛の落し物と
いろいろな音と香りが全身をつつみこんで、相当すごい状況。
ガイドのライさんと同乗した私は笑顔を作っていますが
足元は落ちないように踏ん張っています。
前の車に当たりそう、横から入ってくる自転車が、その間を人が横断、
インドでは地方に行くと信号もなく、常にクラクションが鳴り続けます。
歩行者がいてもお構いなし、車とバイクが突っ込んできます。
牛が道路を横断すれば、道を牛に譲ります。
インド文化を感じられますが、この喧騒は、かなりな衝撃でした。
クラクションが鳴りっぱなしって、けっこう疲れるもんですね。
さあ、ここからは徒歩で。
ごみごみした感じが、予想通りのインドです。
そして、牛さんたち。
ということは落し物に気をつけねばです。
道の両脇には、色鮮やかなサリーを売る店なども。
先日、インドのムンバイで日本の新幹線が採用されたニュースがありましたよね。
安部総理もその際、ここを訪れ、ガンガーでの礼拝(プージャー)をご覧になったようです。
その看板もしっかりとありました。