台北101

中村智景

中村智景

東アジアで一番高いビル「台北101」
地下5階+地上101階。「101」の名前の由来はここから。
この「101」という数字にはデジタル時代を代表する符号、
「100を越え更なる高みを目指す」という意味が込められているそう。
2007年ドバイのブルジュ・ハリファに抜かれるまでは、
世界一高いビルとしてギネスブックにも認定されていました。

そして、ここのエレベーターもドバイに抜かれるまでは

東アジア最速エレベーターでした。
あまりに高すぎて、ビルの下からはてっぺんが見えません。
ほかにも縁起担ぎのビルである台北101.
竹のように節が8つあります。「8」これはどんどんお金が入ってくる数字です。
節に丸いものがついていますが、これは昔のお金を模しているのだそうで
金庫の鍵を表しているとか。
さらに竹自体が縁起のいい植物。
縁起物の建物です。
時間がなく、展望台には行けませんでした!次こそは!
◆台北101:台北市信義路五段7号
帰り、新潟が大雪の日でした。
遠東航空(ファーイースタン航空)で新潟まで直行。
機内食も美味しく、大雪の中無事に帰国。
それにしても着陸、上手だったぁ。
帰国して、国内線等が欠航していたと知って驚いた次第です。
新潟空港から直行便で楽しめる台湾。
(金)〜(月)の4日間でも存分に楽しめましたよ。
今回行けなかったところもたくさんあるので、また行きたいなぁ。
台湾は「食」目的でいくと満足度が高いような気がします。
となると、ひとりではなく、大勢がいいかなぁ。
休みが合う人、探さなきゃっ。
あなたも台湾へいい旅を! Have A Nice Trip!