第2話

第2話

本当に突然ヤツはやってきました。

思い出しても恐ろしいです。。