MOVE ON最終回。

本間紗理奈

本間紗理奈

3/24、今日で、冬のシーズンプログラム MOVE ONはラストでした。

今シーズンはMOVE ONとしては3年目。
ちょっとこのパーソナリティ通信で振り返ってみようと思いますw

まだ入社して間もない私と西條が告げられたのは、
FM-NIIGATAの中でも長い歴史のある
冬のシーズンプログラムを担当するということ。
同期とはいえ、お互いの性格やタイプ、見た目も真逆で、
最初はかなりどぎまぎしていたのを思い出します。

「今シーズンは新しく、西條&本間でMOVE ONという番組で
この冬を盛り上げていきます!」と発表したのは、2014年の秋、
夜の特別番組、【サタデーミッドナイト】という番組でした。

まだ生放送にも慣れていない私たちが緊張しながら放送したな〜
そして新潟ふるさと村でSnowJamが開催され、シーズンスタート。

私も西條も、ウィンタースポーツは未経験。
先輩たちが作り上げてきた歴史ある冬のシーズンプログラムを、
すぐに私たち色に染めていくなんて当たり前に無謀なことでした。
アイテムの名前一つとっても、スキー場さんの名前一つとっても、
何もわからない。無知な状態でした。
「この子たちにできるの?」「不安。本当に盛り上げてくれるのか」
そんな声が、きっと、いや絶対にありました。

どうせできないし。
上手くなれるわけもないし。
私には才能もない。

そう思って、悩んだり泣いたりした時期もありました。

でも、私が向き合うしかなかったし、私が担当してることの意味を作りたくて。
私と西條らしくやってみようと思って、この三年シーズンを駆け抜けました。

私たちだからこそできること。
それは等身大でいいんだってことでした。

ここまでこれたのも、リスナーのみなさんがいてくれたおかげです。
どんな時も、優しい言葉でメッセージを送ってくださいました。
どんな時も、イベントに来て顔を見せにきてくださいました。
どんな時も、私と西條の励みになっていました。

そして。
このシーズンプログラムが、ここまで長い期間続けていられるのは、
さまざまなスキー場さんに協力していただいているから。
私たちがスキー場さんにお邪魔すると、いつも笑顔で出迎えてくれて。
「紗理奈ちゃんの頑張りを、見てくれている人はいるよ」
あの言葉は、忘れられません。

そしていろんなスタッフ関係者の方に協力していただきました。
生放送から、ステッカーキャンペーンやイベントなどお世話になりました。
本当に感謝しています。ありがとうございました。

放送最後に撮った、西條ちゃんとの写真!楽しかったよ、ありがとう!