新潟県でのローカル5Gの今

地域・産業のニーズに応じて地域の企業や自治体等が個別に利用できる5Gネットワーク「ローカル5G」新潟県内でローカル5Gはどのように利活用されているのか、「新潟でのローカル5Gの今」を探っていきます。

INFORMATION

2022年3月14日(月) 12:00

3月17日放送

世界・日本・新潟の様々なジャンルの『CH』をお届けするこの番組「CH2020

あらゆる業界のビジネスに大きな革新をもたらし、

社会のデジタル変革を加速させる次世代の通信方式「5G」をCHECKします。

新潟県内でローカル5Gはどのように利活用されているのか、

「新潟でのローカル5Gの今」を探っていきます。

3月17日まで、様々な企業や自治体にお話をうかがいます。


5G5世代移動通信システムの略称です。

特徴は「超高速・大容量」「超低遅延」「多数同時接続」が可能なこと。

そのためDX(デジタルトランスフォーメーション)の基盤として期待されています。

「ローカル5G携帯電話業者による全国向けの5Gサービスとは別に、

地域の企業や自治体などが主体となり、自らの建物や敷地内でスポット的にネットワークを構築して利用する仕組みです。

 

最終回第8回の今日は、これまでの取材を通して

新潟県でのローカル5G、5Gの状況について

東京にあるコンサルティング会社で、通信関連の業務を多く手掛けていらっしゃる

株式会社クニエ シニアパートナーの赤神寿英さんにお話をうかがいます。





放送終了後、デジタル音声コンテンツ「LOTS ON」でも聴くことができます。

ぜひどうぞ!


さらに表示する

PERSONALITY

  • 中村智景

    世界遺産姫路城の近くで生まれ、新潟にやって来ていつの間にか四半世紀。旅行というニンジンぶら下げて今日も頑張ります。次はどこに行こうかな。おススメあったら教えてください!