POWERPLAY 今月のパワープレイ

  • タイトル
    [邦楽] 革命を鳴らせ
    アーティスト
    The Floor
    メーカー
    ビクターエンタテインメント
    発売日
    2018年10月10日
    CDコード
    VICL-37433
    コメント
    札幌出身の4人組ロックバンド・The Floor。インディーズ時代から数々の大型フェスへの出演を果たし、2018年2月に1stアルバム「ターミナル」でメジャーデビュー。
    メジャー2作目となる今作は、彼らならではのアレンジが絶妙に施された爽快なアップチューン。
    「新しい一歩を踏み出したい」「何かに挑戦したい」という人の背中を押す、The Floorなりの応援ソングだ。
  • タイトル
    [邦楽] FUTURE WAVE
    アーティスト
    eill
    メーカー
    スマイルカンパニー
    発売日
    2018年10月3日
    CDコード
    XQBZ-1039
    コメント

    東京出身、二十歳のシンガーソングライター。15歳からJazz Barで歌い始め、その頃から作曲も始めるようになる。高校時代には、PAELLAS のアルバムでフィーチャリングや、清水翔太の楽曲にでコーラス参加なども参加している。2018年公開の中村アン出演のPEACH JOHNのCMソングでの歌唱、SKY-HIのニューアルバム「FREE TOKYO」の楽曲参加もしており、2018年6月リリースのデビュー曲「MAKUAKE」では、Apple Music今週のニューアーティストに選出され、Spotifyバイラルチャートにもtop5入りを果たす。セカンドシングル「HUSH」では高橋海(LUCKY TAPES)プロデュースし7インチレコードもリリースするなどの活動をしている期待のニューカマー。
     
     
  • タイトル
    [邦楽] 悲しみもいつかは
    アーティスト
    Halo at 四畳半
    メーカー
    日本コロムビア
    発売日
    2018年10月17日
    CDコード
    COCP-40492
    コメント
    ボーカル/ギターの渡井翔汰とベース/コーラス白井將人が結成した
    前身バンドを経て、2012年6月に、ギター/コーラスの齋木孝平と
    ドラム/コーラスの片山僚が加入しHalo at 四畳半としての活動をスタート。
    現在までに3枚のミニアルバムと1枚のシングルを発売、
    全国ツアー、イベントライブや大型フェスなどライブを中心に活動。
    感情を刺激するサウンドと心情に届くリリックが話題となり、
    インディーズシーンを超えて、認知度を高めてきた。
    2018年10月17日、日本コロムビア/TRIADより、
    メジャーデビューフルアルバム「swanflight」発売。
    2018年12月からHalo at 四畳半ワンマンツアー2018-2019
    “悲しみの朝の愛し方”全国9か所で開催。
     
     
     
  • タイトル
    [邦楽] 君、僕。
    アーティスト
    Kis-My-Ft2
    メーカー
    エイベックス・エンタテインメント
    発売日
    2018年10月3日
    CDコード
    AVCD-94187
    コメント
    初の5大ドームツアーを終えたKis-My-Ft2の通算22枚目となるシングルは、
    王道のPOPチューンとなるラブソング。
    「君がいるから、僕がいるんだー」
    デビュー7周年を迎え、7人グループとして今伝えたい想いも込められた楽曲「君、僕。」
    今回のツアーでドーム会場を白一色のペンライトに染めたKis-My-Ft2。
    そんな白いキャンパスから、今度はメンバーそれぞれのカラーが溢れ出していく。
    きっと7人の個性(色)が集まってこそ、美しく、そして大きな虹は生まれるはずだからー
    そんなメッセージも込められています。