POWERPLAY 今月のパワープレイ

  • タイトル
    [邦楽] 命の使い方
    アーティスト
    Karin.
    メーカー
    ユニバーサルシグマ
    発売日
    2020年2月12日
    CDコード
    UMCK-1650
    コメント
    2001年5月30日生まれ、茨城の高校生、シンガーソングライター、Karin.
    2019年6月8日、初ライブから満1年の記念日にCDデビューを発表し、
    8月7日、ファーストアルバム「アイデンティティクライシス」をリリース。
    収録曲「青春脱衣所」が9月上旬よりUSENやYouTubeをきっかけに同年代のリスナーに口コミで広がり、
    Music Videoの再生回数は公開から3ヶ月で50万再生を突破。
    昨年12月4日、「命の使い方」を配信。
    2020年2月12日には早くも、セカンドアルバム「メランコリックモラトリアム」のリリースが決定している。
    18歳のリアルな言葉と想いは、10代をはじめとする、揺れ動く少年少女に寄り添うものとなるだろう。
     
  • タイトル
    [邦楽] コエトブルー
    アーティスト
    TSUNEI
    メーカー
    tag.
    発売日
    2020年2月12日
    CDコード
    TAG-001
    コメント
    南魚沼市出身のシンガーソングライターTSUNEIのニューアルバム『Into』の一曲目を飾る「コエトブルー 」。
    本曲はOvallのShingo Suzukiがトラックアレンジ。オーガニック感漂うギターがTSUNEIのスパイシーな歌声を引き立てている。
    タイトルの「コエトブルー 」は青々とした大空へ響かせるコエと、ブルーな気持ちを打ち消し前に進み続ける想いを歌詞で表現したミディアムバラード。
  • タイトル
    [邦楽] 人間だった
    アーティスト
    羊文学
    メーカー
    SPACE SHOWER MUSIC
    発売日
    2020年2月5日
    CDコード
    PECF-1178
    コメント
    塩塚モエカ(Vo.Gt)、ゆりか(Ba)、フクダヒロア(Dr)によるスリーピースロックバンド「羊文学」。
    昨年7月にリリースされたガーリーなムードの前作「きらめき」とは対を成す新機軸の問題作となりました。
    そして、その表題曲でもある「人間だった」は、都市生活の中で人間という生き物の不思議さを改めて見つめ直すきっかけを、
    リスナーの皆さんにも自分達にもプレゼントしたいと思い作られた曲であり、
    人間として生きる美しさが一杯につまった作品となっております。
  • タイトル
    [洋楽] レア
    アーティスト
    セレーナ・ゴメス
    メーカー
    Universal International
    発売日
    2020年1月22日
    CDコード
    UICS-1358
    コメント
    セレーナ・ゴメス、待望のニュー・アルバム『レア』からの最新シングル「レア」。
    元恋人との破局や、難病、活動休止など、この数年間で直面したあらゆる困難や挫折を乗り越え、やっと本当の自分に辿りついたセレーナ。
    心のすべてを映し出した、強さと優しさ溢れるニュー・アルバム『レア』。
    そのアルバムからのタイトル・トラックともなっている「レア」は「自己否定してきがちだった自分が今、時を経て肯定できるようになり、
    世界中の女性に自分が特別であることに気付いて欲しい」とセレーナ本人が語っているように、
    すべての女性に向けての応援ソングといっても過言では内容となっています。