長崎新地中華街

長崎と近い中国の文化も早くから入ってきていました。
長崎新地中華街。
私が訪れた頃はちょうど中秋節で、にぎやかな装飾が施されていました。

夜が遅かったせいで、お店はほとんど開いておらず・・・
新地中華街を抜けて、唐人屋敷跡まで足を延ばしてみました。
が、ここもすでにクローズ。それでも雰囲気は味わえます。
人があまりいない中華街もいいものです。
今度は本場の中華を食べたいなぁ。