大自然はやはり凄い

中村智景

中村智景

インドの友人から、すてきな写真が届きました。

場所はダージリンcity。

ダージリンといえば、紅茶の高級茶葉ダージリン・ティーを思い浮かべます。

その産地として知られるダージリン。

まだ行ったことはないですが、調べてみると

ヒマラヤの名峰カンチェンジュンガの勇姿を背景に、

イギリス植民地時代の名残を色濃く残す町並みと

広大な茶畑が標高2100mの山腹に広がっている街だそうな。

そして、ダージリンという名前。

昔この町にあった「ドルジェ・リン(DorjeLing)」という

仏教僧院の名前に由来しているんだそうです。

ダージリンから南へ約11kmのところにある展望台タイガー・ヒル。

標高2,590mのところにあります。

世界第3位8586mの山 カンチェンジュンガなど、

ヒマラヤ山脈の雄大な景色が楽しめるんですって。

その朝日の写真。

ちょうど 天気が良く、遠くにエベレストの雄姿を眺められたとか。

日が昇るにつれて刻一刻と朝焼けに染まるその姿、いつかこの目で見てみたいな。