ノルウェー第2の都市ベルゲン

トロムソからオスロ経由、空路でノルウェー第2の都市ベルゲンにやってきました。
着いた時にはすでに夜。
翌日は早朝から、列車で遠出で夜までこの街には戻らないため、
ベルゲンを楽しめるのは今夜と明日の夜のみ。
ベルゲンは名産である干ダラの輸出で急速に発展しました。
17世紀のハンザ同盟の終結に至るまで400年にわたって栄えました。
その港の脇にあるのが「ブリッケン地区」。
くたくただったけれど、そこに世界遺産があるので・・・ホテルから歩いてやってきたのは
港に面して木造家屋が並ぶ一帯。
もともとは13世紀から16世紀に建てられ、
ドイツのハンザ商人の家や事務所として使われていました。
・・・「ハンザ同盟」って歴史の授業で習ったような
木造なので、また密集しているので何度も火災で焼け落ちたそうですが
そのたびに同じように復元・修復したんだそうです。
夜はとても素敵なライトアップ。
見てるだけで幸せ〜な感じ。
ただ冷たいみぞれが降っていました。。。
建物と建物の間を入ってみると・・・・
迷路のようになっています。まるで中世に迷いこんだかのよう。
隠れたショップや手工芸のお店があるはずですが
夜も遅く、すべてclose。残念です。
ということで、ベルゲン名物を食べに・・・こちらへ!!
「Bryggeloftet Stuene」(ブリッゲロフテ・ステューエナ)
1910年オープンという老舗レストランです。
近海で獲れた魚介を使ったメニューが多いのですが・・・
お店の中もいい雰囲気。
お隣の老夫婦、仲よさそうにディナーしてました!
世界でも最高級品として知られるノルウェー産の干しダラを
トマトで煮込んだスープ仕立ての一皿 「バカラオ」。
写真では小さく見えるかもしれませんが
顔の2倍くらいある大きなお皿で、食べきれませんでした。
トマトもそのまんま入っていて、その酸っぱさとタラの甘みと・・・美味しかったです。