番組審議会

株式会社エフエムラジオ新潟 第314回 放送番組審議会議事概要

開催日時

令和元年12月9日(月)17時30分から

開催場所

株式会社エフエムラジオ新潟 4階 会議室

委員の出席

齋藤正行委員長 
井東昌樹副委員長 
佐々木啓之委員 
櫻井茂樹委員
北牧裕幸委員 
上原洋明委員 
立川和行委員
石川竜太委員
   
会社側/
中野代表取締役社長  
中沢常務取締役  
中村取締役業務本部長兼業務部長  
平尾執行役員放送本部長  
佐藤放送副本部長

議題

FM-NIIGATA 制作
『 日産プリンス新潟販売90周年特別番組 空の彼方〜稜線が見えるその場所まで〜 』の審議
令和元年10月19日(土)12時00分〜12時55分放送

審議内容

題材には、10月19日(土)放送、FM-NIIGATA 制作
「 日産プリンス新潟販売90周年特別番組 空の彼方〜稜線が見えるその場所まで〜 」を取り上げました。
日産プリンス新潟販売90周年を記念しての特別番組。
人と車、そして車をとりまく人と人との物語を日産プリンス新潟販売のスタッフの皆さん、そしてみなさんから寄せられたメッセージから作られたフィクションのラジオドラマをお届けしました。

・面白いラジオドラマで、真剣に聴ける内容でした。第2話は内容に思わず涙が出ました。
・曲は、日産のCMソングをセレクトしていました。日産ファンには分かる工夫のある選曲でした。
・ラジオドラマを制作している目線でみると、地元に根ざした話題を入れれば新潟の人にもっと興味を持たれたのではないかと思いました。
・周年記念にラジオドラマ制作は良いと思いました。またこの番組を通じて90周年ということが多くの人に伝わり認知を広げたのではないかと思いました。
・番組内のCMはストーリー仕立てで展開もよく、ドラマの一部になっていました。
・町田社長の挨拶は良いものでした。モビリティの社会についてなど胸にグッとくる内容でした。
・町田社長の挨拶を、それぞれのラジオドラマの後にドラマの内容に合わせて挿入するなどしたらもっと90周年のコンセプトに合ったものになったのではないかと思いました。
・飽きずに最後まで聴くことが出来ました。ドラマのストーリーにぬくもりがあって曲との親和性もありました。
FM−NIIGATAでは、この番組審議会で出されたご意見について検討し、
今後の番組制作に生かして参ります。

審議会ではこのほか、前回の審議会を紹介する番組の内容などが報告されました。

次回予定

次回は令和2年1月22日に開催の予定です。