番組審議会

株式会社エフエムラジオ新潟 第246回 放送番組審議会議事概要

開催日時

平成25年2月28日(月)午前10時30分から

開催場所

エフエムラジオ新潟 4階 会議室

委員の出席

西條和佳子委員長  
藤田普副委員長  
丸山貴和委員
高橋英司委員
菅又淑子委員    
横田秀珠委員  
野崎孝則委員

会社側/
中野代表取締役社長
古山役員待遇業務本部長兼技術部長
中沢役員待遇放送営業本部長 
児玉業務本部業務部長 
中村放送営業本部放送部長

議題

FM-NIIGATA制作
『 Twinkle Snow Jam 』
(平成25年2月3日(月)午後1時〜2時50分放送)

審議内容

 毎週金曜午後1時から110分のウィンターシーズンプログラム。
パーソナリティは、新人の北口麻奈と白岩ましろの二人。
 新潟の冬初心者の二人が、ウィンタースポーツにチャレンジ。ゲレンデ情報、イベント情報、グルメ情報など、新潟の冬の魅力を探ります。
 今回は、おでかけ生放送ということで、上越国際スキー場からお届けしています。


審議委員の皆様からはいろいろなご意見をいただきました。


・番組のメインターゲットが、可処分所得が高い20〜30代のゲレンデ初心者となっていましたが、40代がメインターゲットだと思いました。
・新人の若い二人が、新潟の冬を楽しんでいて、非常にテンションが高く、いい雰囲気で番組を進行していて、聴いていると元気が出てくる番組でした。
・スキー、スノボにチャレンジして、わいわい楽しいリポートからも、リスナーにスキー場に行かせようという気分を高揚させていたと思います。
・スキー、スノボ人口が、増加傾向にあるという情報も、ひとつのコーナー番組として取り上げるような展開があってもよいと思いました。
・雪質や、ゲレンデを表現する比喩が安っぽく、もっと正確に言葉を選んで説明して欲しいと思いました。
・お出かけ放送をした割には、広大なスキー場の雰囲気が伝え切れていないと思いました。実際のスキーヤーや、ギャラリーとのやり取りを入れればもっと臨場感が出たのではないかと思いました。
・スキー場へのアクセス方法など、もっと詳しく説明して欲しいと思いました。



審議会ではこのほか、前回の審議会を紹介する番組の内容などが報告されました。

次回予定

平成25年3月27日に開催の予定です