番組審議会

株式会社エフエムラジオ新潟 第265回 放送番組審議会議事概要

開催日時

平成27年1月29日(木)13時30分から

開催場所

(株)エフエムラジオ新潟 4階 会議室

委員の出席

涌井晴之委員長  
横田秀珠副委員長  
伊藤英之委員  
町田一越委員 
石倉丈久委員  

会社側/
中野代表取締役社長
盛田取締役業務本部長 
古山取締役放送事業本部長兼技術部長
中村業務本部業務部長

議題

・TOKYO FM制作
『 銀幕ラジオ 』の審議
 (平成26年12月30日(火)15時00分〜15時55分放送)

・放送番組基準変更に関する諮問
番組やCMで扱う内容や表現を定めた「日本民間放送連盟放送基準」が昨年
11月1日に一部改正されたのに伴い、「エフエムラジオ新潟放送番組基準」の一部改正について審議され、「原案通りに承認する」との答申があった。
主な改正点として、第109条広告の取り扱いの項目で、人権侵害や差別の助長につながるかたちで、個人情報を調査・収集・利用するものは取り扱わないなど。

審議内容

「アナと雪の女王」、名優高倉健、菅原文太の死去など、映画と音楽を取り巻く環境に話題の尽きなかった2014年。「映画・映画音楽の中の名セリフ・名シーン」などから、言葉の持つ力・魅力を通じて2014年を振り返る、聖教新聞提供の年末特別番組。
出演は、俳優・佐野史郎と映画パーソナリティ・伊藤さとりです。

審議委員の皆様からはいろいろなご意見をいただきました。

・映画の興行収入の話では、「アナと雪の女王」のダントツ人気には驚きました。このような内容もリスナーには興味深いものだと思います。
・出演者の佐野さんと伊藤さんのテンポよい話し方と聴きやすい声で、1回聴けば内容が理解できました。また、2人とも映画好きだということがよく伝わってきた良い番組でした。
・佐野さんの声は、低音で魅力的な良い声でしたが少し聴き取りづらい箇所がありました。伊藤さんは、はっきりした聴きやすい声でしたが、勢い余って少し早口になったところが気になりました。
・年末特番ということで、映画界の1年を振り返るといった内容でしたが、聴きごたえのある楽しい番組内容で、私も一緒になって1年を振り返ることができました。
・番組内で、佐野さん、伊藤さんの映画人2人の感想以外に、番組冒頭の街角インタビューで、一般の人の映画の感想が紹介されていたのは、工夫された番組構成だと思いました。
・長時間収録したと思われる内容を上手く編集していました。選曲やBGMの曲も映画を思い出させる曲で、尺もバランスが取れていました。


審議会ではこのほか、前回の審議会を紹介する番組の内容などが報告されました。

次回予定

次回は平成27年2月26日に開催の予定です。