番組審議会

株式会社エフエムラジオ新潟 第270回 放送番組審議会議事概要

開催日時

平成27年6月24日(水)13時30分から

開催場所

(株)エフエムラジオ新潟 4階 会議室

委員の出席

涌井晴之委員長  
横田秀珠副委員長  
町田一越委員  
石倉丈久委員
西川直美委員   

会社側/
中野代表取締役社長
盛田取締役業務本部長 
古山取締役放送事業本部長兼技術部長 
中沢取締役営業本部長
中村業務本部業務部長

議題

FM-NIIGATA制作
『 長岡ひとまちアオーレ+1 』の審議
(平成27年6月6日(土)11時00分〜11時55分放送)

審議内容

題材には、6月6日放送、FM-NIIGATA制作「長岡ひとまちアオーレ+1」を取り上げました。
平成25年7月スタート。アオーレ長岡から毎週(土)午前11時00分から55分の公開生放送番組。パーソナリティは、ミノル・クリスと斉藤瞳の2人。
長岡の“人”と“街”にスポットを当て、そこにとっておきの情報をプラスワンしてお送りします。今回は「今町・中之島大凧合戦」のレポートをお届けします。


審議委員の皆様からはいろいろなご意見をいただきました。


・大凧合戦のレポートは、当日の天気が微妙だったため、開催するかしないかがメインとなってしまった感がありました。もう少し大凧合戦のトリビア的な部分を掘り下げて主催者側に話をしてほしかったと思いました。
・レポーターの関田さんはいじられ役で、パーソナリティの2人もうまいいじり方をしていた為、パーソナリティとレポーターとの掛け合いが面白く、思わずニヤリとするような楽しい番組でした。3人の仲の良さが感じられました。
・新潟県には観光地が少なく、遊ぶところも少ないという認識でしたが、この番組を聴いて長岡だけでも多くのイベントがあることを知り、考えを改めました。
・全体的な印象としては、パーソナリティの2人はFM-NIIGATAの看板パーソナリティだけあって、ベテランらしく安定したトークで、話も聴きやすかったと思いました。
・レポーターの関田さんのキャラクターが、リスナーからどれだけ認知されているかわからないので、レポートを始める際は、自分の略歴や芸人であるという紹介を言ってから始めた方が良いと思いました。関田さんを知らないリスナーは、関田さんへの印象や、パーソナリティの彼に対する話し方など誤解される可能性があると思いました。今後の演出方法などよく検討した方が良いと思いました。


審議会ではこのほか、前回の審議会を紹介する番組の内容などが報告されました。

次回予定

次回は平成27年8月19日に開催の予定です。