番組審議会

株式会社エフエムラジオ新潟 第197回 放送番組審議会議事概要

開催日時

平成20年3月26日(水)午前10時30分から

開催場所

エフエムラジオ新潟 4F 会議室

委員の出席

与田一憲委員長
藤田靖副委員長
高橋英司委員
西條和佳子委員
佐藤貴和委員
片桐奈保美委員
藤田普委員
菅又淑子委員
増村代表取締役社長
飯田常務取締役東京支社長
中村取締役総務部長
中野放送営業部長
古山放送営業部次長

議題

ジャパンエフエムネットワーク制作 『 PEOPLE 』について
(平成20年3月2日(日)午前5時〜6時に放送)

審議内容

この番組は週によって出演者が替わりますが、共通するテーマを「人」としてさまざまなゲストをむかえています。第1週目は「阿川佐和子・森永卓郎のとことんNIPPONウォッチャー」と題して、主に政治、経済についてトークを進めます。今回は、経営コンサルタントの小宮一慶氏をゲストに「中小企業について」がテーマでした。

審議委員の皆様からは、様々なご意見をいただきました。

・ゲストを交えてのトークに、阿川・森永両氏だけのトークが続き、バランスが取れていて
聴きやすい番組に構成されていました。
・出演者の語り口調が明るく、気取らずにリラックスしたもので、引き込まれるようでした。
・出演者やゲストの収入額という嫌味になりかねない話題に触れても、笑って話せる雰囲気を
作っていて、会話を盛りあげていて良かったと思います。
・難しい専門用語をかみくだいて、わかりやすく伝えていて感心しました。
・阿川・森永両氏が反対の立場で話す場面もあり、言葉のキャッチボールを続けるように番組
を盛りあげている点は良かったと思います。
・阿川氏のエンディングトーク、「皆さん生きててください」に逆も考え違和感を覚えました。
・阿川・森永両氏はテレビ出演も多く、聴く側がキャラクターをよく理解していることが、
この番組が安心して、おもしろく聴ける理由だと思います。
・ゲストが例示した自動改札機で切符が出てくるパターンなどは、なかなか気付かない点で
おもしろく聴きました。
・10社も役員を兼務している小宮氏ならではの役員会の話題など、もっと踏み込んだ内容も
聴きたいと思いました。
・若い年代のリスナーにも聴いてほしい点が多く、日曜午前5時の放送をもう少し聴きやすく
できないかと思いました。

次回予定

平成20年4月22日