番組審議会

株式会社エフエムラジオ新潟 第203回 放送番組審議会議事概要

開催日時

平成20年10月21日(火)午前10時30分

開催場所

エフエムラジオ新潟 4F 会議室

委員の出席

與田一憲委員長
藤田靖副委員長
高橋英司委員
佐藤貴和委員
片桐奈保美委員
藤田普委員
菅又淑子委員
渡辺英美子委員
増村代表取締役社長
中村取締役総務部長
中野放送営業部長
古山放送営業部次長

議題

FM-NIIGATA編成・在京プロダクション制作
『朝日酒造 CLASSIC CLASSIC』について
〜平成20年10月5日(日) 午後8時30分 − 8時55分放送分〜

審議内容

この番組は、堅苦しい、難しいイメージと思われているクラシック音楽をわかりやすく紹介し、親しんでいただく番組です。作曲家、演奏者などから毎回テーマを決めておおくりします。
今回はモーツァルトの作品を紹介しています。パーソナリティは大島奈穂美です。

審議委員の皆様からは、様々なご意見をいただきました。

・クラシック音楽を25分に簡潔にまとめている、パーソナリティも落ち着いたきれいな声で
気持ち良く聴きました。
・クラシック音楽を紹介するならば、せめて1時間くらいの方がゆったりと楽しめます。
・トークが終わるとすぐに曲がかかるので、もう少し間を取ればゆったりすると思います。
・モーツァルトの生没年、経歴、業績、有名作等の説明があればさらに良かったと思います。
・番組本編中、楽曲の後の説明は丁寧なもので良かったと思います。
・番組もCMも説明過多になりがちなところを簡潔にまとめており、いい番組だと思います。
・CMの読み方が早いのでもっとゆったりした方が番組のイメージにさらに合うと思います。
・CMはクラシックを意識したのか堅い印象なのでもっとゆったりと気さくな雰囲気にすれば
さらに良かったと思います。
・パーソナリティのトークは淡々と進められるもので、むしろCMのナレーションにより説得
力を感じました。
・地域文化を深め、環境問題に取り組んでいるイメージがリスナーに伝わり、提供社の考えが
実現して成功していると思います。
・放送時間は現行通りでも良いが、朝、昼のように車で聴くことが多い時間帯もおもしろい。
・クラシック曲には音量の極小と最大の差が著しいものがあり、車中で小さい音は聴きづらい
と思うので、日曜夜ならば自宅で聴く機会が増えるので、良い選択だったと思います。





次回予定

平成20年12月12日