番組審議会

株式会社エフエムラジオ新潟 第190回 放送番組審議会議事概要

開催日時

平成19年6月28日(木)午前10時30分

開催場所

エフエムラジオ新潟 本社会議室

委員の出席

委員
与田一憲委員長
藤田靖副委員長
西條和佳子委員
佐藤貴和委員
片桐奈保美委員
藤田普委員
菅又淑子委員
渡辺英美子委員

会社側
増村代表取締役社長
飯田常務取締役東京支社長
中村取締役総務部長
山本放送営業部長
中野放送営業部次長

議題

平成19年5月18日(金) 19:00 〜 19:55 放送
自主制作番組『 Weekend NEWS “ N!” 』について

審議内容

『 Weekend NEWS “ N!” 』は、平成19年4月からスタートした番組で、新潟県民に関わる身近なニュースの解説、分析とラジオの特性を生かしたリスナーからの意見聴取、情報収集を目指しています。この回のコメンテイターには、新潟日報社情報文化アドバイザー、永田幸男氏をむかえ、キャスター・波多野健(フリーアナウンサー)、アシスタント・中村ちひろ(FM-NIIGATAパーソナリティ)が担当しています。

審議委員の皆様からは、様々なご意見をいただきました。




* ニュースを解説するだけではなく、問題提起や幅広い意見が盛り込まれた良い企画と思う。

* 若いリスナーがニュースに関心を持つことにつながる、いい企画だと思う。

* FM-NIIGATAが自社制作する番組なので、地元のニュースを掘り下げてほしい。

* 全国ニュースを新潟県の話題に関連づけて言及すれば、より分かりやすく伝わると思う。

* 県民に身近なニュースを紹介することとラジオの特性を生かしたリスナーからの情報収集に特化すれば、テレビ番組との差別化が明瞭になると思う。

* 番組へのメールをもっと募集、紹介して、さらに双方向性を高めてほしい。

* 国民投票法案の問題を考えて投票に参加することは国民の義務であり権利であると述べていましたが、基本的な事柄を伝えることはマスコミの使命であり、今後も続けてほしい。

* オープニングの愛知県のたてこもり事件については、エンディングでも触れてほしかった。

* キャスターとコメンテイターが男女に分かれれば、どちらが話しているかより分かりやすい。

* コメンテイターに企業経営者に登場してもらい、考え方をうかがうこともおもしろい。

* 「リーダーズトーク」のコーナーは、準備を深めて取材に臨めば、さらに良くなると思う。

* 「リーダーズトーク」はゲストの話し方、対応で人柄も分かり聴きやすく、学生向けの教材に面白いと思う。

* 地元のひとつの話題に密着して掘り下げたコーナーを作り、リスナーへインパクトを残すような展開を望みます。


審議会ではこのほか、前回の審議会を紹介する番組の内容などが報告されました。

次回予定

次回は平成19年8月3日に開催の予定です。