番組審議会

株式会社エフエムラジオ新潟 第232回 放送番組審議会議事概要

開催日時

平成23年9月27日(火)午前10時30分

開催場所

エフエムラジオ新潟 4F 会議室

委員の出席

西條和佳子委員長
藤田普副委員長
高橋英司委員
丸山貴和委員
菅又淑子委員
野崎孝則委員
増村代表取締役社長
中野取締役放送営業部長
古山放送営業部次長
中沢放送営業部次長

議題

FM−NIIGATA制作 『 2Rhythm(ツー リズム) 』
(平成23年7月22日(金)午前9時〜10時50分放送)

審議内容

7月からスタートした、国内・海外旅行に特化したワイド番組です。この回では、グアム、上海、ソウルのFM-NIIGATA特派員のうち、グアムからの電話リポート、ワールド・トピックではアラブの話題、李韓国総領事、阪急交通社ゲストのインタビュー、グアム旅行リポートで構成されています。FM-NIIGATAの中村智景が、パーソナリティーを務めます。

審議委員の皆様からはいろいろなご意見をいただきました。

・番組冒頭の空港の効果音や新潟空港のフライト情報など、雰囲気作りに工夫が見られます。
・インタビュー取材、情報収集、構成、選曲と毎週2時間分作り込む制作体制に感心しました。
・旅行雑誌をめくるような感覚で、飽きさせない工夫があり、聴きやすい番組だと思います。
・情報量がとても多く、展開、テンポが早すぎて、集中しないと聴き取れませんでした。
・紹介する項目を1カ所〜2カ所減らしても、トークが早口になる部分を控えれば、話題転換の工夫もわかりやすくなると思います。
・グアム特派員の電話リポートは、トークの音量を大きくしたほうがいいと思います。
・お店やおみやげ品などの紹介では、名前や場所をコーナーの最後で繰り返せば、さらに
わかりやすくなると思います。
・旅好きなリスナーからの体験やプチ自慢、予定や希望の発信が今後ますます期待されます。
・李韓国総領事のインタビューでは、韓国やソウルの見どころをもっとアピールしていただき新潟との交流、観光振興につなげてほしいと思います。
・FMラジオショッピングは、商品や価格よりも早口で話していることが頭に残りました。
・食品を紹介する場合に、食べている音を聴かせる必要があるか、少し気になりました。
・食べた後での感想や言い表し方は音だけでは難しいですが、表現のうまさに感心しました。
・今後は、リゾート観光地の特集や新潟と関わりの深い極東・北東アジアなどをテーマにしてもおもしろいと思います。
・2時間でこれだけの情報量があり、ぎっしり詰め込んだ重いスーツケースを持って出かけるような、旅の気分を味わわせてくれた印象を受けました。

次回予定

平成23年10月25日(火)