番組審議会

株式会社エフエムラジオ新潟 第267回 放送番組審議会議事概要

開催日時

平成27年3月23日(月)13時30分から

開催場所

(株)エフエムラジオ新潟 4階 会議室

委員の出席

涌井晴之委員長  
横田秀珠副委員長  
竹内正喜委員  
町田一越委員 
石倉丈久委員  
西川直美委員

会社側/
中野代表取締役社長
盛田取締役業務本部長 
古山取締役放送事業本部長兼技術部長 
中沢取締役営業本部長
中村業務本部業務部長

議題

TOKYO FM制作
『 DUNLOP presents LOVE UNITED 』の審議
(平成27年3月1日(日)12時30分〜12時55分放送)

審議内容

題材には、3月1日放送、TOKYO FM制作「DUNLOP presents LOVE UNITED」を取り上げました。毎週日曜 12時30分から25分のレギュラープログラム。
今井美樹がパーソナリティを務め、「LOVE SONG」の歌詞に込められた世界を取り上げます。またリスナーからのリクエストとエピソードを紹介します。


審議委員の皆様からはいろいろなご意見をいただきました。


・番組自体は選曲も含めて、洗練された構成内容でした。コーナー枠の「ラブレターズ」で紹介されたリスナーからのメッセージも非常に番組内容に合っていました。
・何の説明もなく詩の朗読から曲が流れ、その曲を聴いて先ほどの詩の内容だと理解しましたが、最初は良くわかりませんでした。最初に主旨の説明があれば、曲もそのつもりで聴くことができると思いました。
・60歳の女性リスナーからの夫へのラブレターは、日常の風景が目に浮かぶようで、非常に良い内容でした。選曲もラブソングに関係したものばかりで聴いていて心地よい番組でした。
・今回とりあげたKISSの楽曲はラブソングとしては少し合わないような気がしましたが、曲の説明もしっかりしていましたし、今井美樹さんも自分の言葉で伝えていたと思いました。
・今井美樹さんは、若い頃トレンディードラマに出演していた印象とは違って、年齢も重ね、良い意味で落ち着きのある口調で、ラブソングを紹介する語り口はパーフェクトという感じでした。
・ロンドンで収録している番組であるなら、話の中にロンドンの今の様子を伝えるなどの工夫があればもっと良い番組になったと思いました。


審議会ではこのほか、前回の審議会を紹介する番組の内容などが報告されました。

次回予定

次回は平成27年4月24日に開催の予定です。